« Byrdland | トップページ | Gibson ES-336 »

James Tyler

泣く子も黙るJames Tyler Landau Classicをご紹介。

P1000043_2 P1000045 P1000044 P1000046 P1000072

James Tylerの好きな所・良い所。

●デザインがカッコいい。特にヘッドの形と何列にも並んだTYLERの文字が遊び心タップリ。

●ネックが太い。Tylerでガッチリ安心感の太ネックの良さに目覚めました。個体差で、普通に細いのもあります。

●ネックのザラザラ塗装が気持ちよい。一般的なマット仕上げの塗装よりも目の粗い、ザラザラした塗装は汗をかいても滑りが良いです。(昔のTylerはザラザラ塗装ではないようです。)

●指板のサイドスキャロップ。指板の角が丸く削られていて、何となく手に馴染みます。

●ジョイント付近のボディー裏が斜めにカットされていて、高フレットが弾きやすい。

悪いところ

●ネックを外さないと、トラスロッド調整が出来ない(Tylerファンはそんな野暮な事を言わない)

●ヘッド1弦側の出っ張りが手に当たって邪魔(Tylerファンはそんな野暮な事を言わない)。例えば5弦1フレットを中指で押さえると、手に当たります。

●TylerのClassicで採用されている、飴色ポジションマークは、暗いライブハウスだと全然見えない。(Tylerファンはそんな野暮な事を言わない)。

私のTylerは気に入らない所を直す趣旨で少しパーツの変更をしています。

ボリュームポッドをBカーブから、Aカーブのスムーズテーパーに。1.2.3弦だけペグをGotohのマグナムロックに。フロントとセンターのピックアップをDimarzioのVirtual VintageからTom AndersonのSA1に。

元のVirtual Vintageは歪ませると暴れる感じの音で、Landauが趣味でやっているようなバンドやジミヘン様な、マーシャルでバリっと鳴らすラウドなロックには合うと思いましたが、自分の環境だとイマイチきれいなクリーンが出せませんでした。そもそもバンドで歪ませる事はあまりありませんので。(じゃあ、何でLandauモデル買ったんだ…)。Tom AndersonのSA1は、シングルコイルに求める大人しくて綺麗なクリーントーンが出せて、今のところ気に入っています。

アース風コード進行のカッティング。フロント・センターのハーフトーン。後半フェイザー。

「EWF.mp3」をダウンロード

Steely Dan風変態ブルースというか、そのまんま。LRともフロント。一部指弾き。

「chain_lightning_tyler.mp3」をダウンロード

センターのアルペジオはフロントセンターのハーフトーンでライン録り。ソロはLRに振ってダブルで鳴らしてます。全く意識してなかったけど、今剛さんの様な雰囲気になってしまった・・・。

「TK.mp3」をダウンロード

|

« Byrdland | トップページ | Gibson ES-336 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079776/23291946

この記事へのトラックバック一覧です: James Tyler:

« Byrdland | トップページ | Gibson ES-336 »